読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

icingrhythm41’s diary

浜松市で子育てしながら働くということ

保活

先日夕方のニュースで浜松市の待機児童が県内で一番多いと言っていました。やっぱりね。出産を機に退職し、休職中だった私は当然ながら息子を認可保育園には入れられず、彼は待機児童の1人になりました。ダメもとで申し込んだので、ある程度覚悟はしてましたけど。そしてこの時、あぁ、幼稚園までは仕事できないよねぇとなかば諦めていました、が、そんななか、個別で申し込んでいた認証保育園(Ⅰ類)から空きが出たので入園できますよと電話が!!本当にラッキーとしか言えません。
世の中的には保育園が先か、就職が先か賛否両論あると思います。私も保育園が決まらないと仕事できないけど仕事が決まらないと保育園に入れない(決まっても入れない可能性あり)という卵とニワトリの例えのようにぐるぐる悩んでいましたが、やっぱり保育園が決まってから仕事をすると割り切りました。せっかく採用してもらっても保育園が決まらず働けないなんて会社に失礼だし、私の気持ち的にもNGでしたので。毎月赤字だけど旦那のボーナスでなんとか乗り切ろうと腹をくくった矢先の保育園入れますよは我が家の生活を大きく変えました。
正直、浜松市で求職中に認可保育園に入るのは厳しいと感じます。我が家は中区で駅からも近い場所なので特に厳しかったと思います。なので認証や認可外託児所も十分検討して事前に見学や予約をしておくことをお勧めします。私は次年度の認可保育園の申込みの時期(11月頃)に認証保育園の見学に行き、空きが出たら連絡をもらえるように頼んでおきました。早めの行動がよかったのかもしれません。そんなわけで息子は11ヵ月から保育園に入りました。まだ午前中だけの慣らし保育ですが少しずつ慣れてきて楽しんでいるようです。
浜松市での保活は働くママ、働きたいママにとってはまだまだ厳しい状況です。野球場なんか作るより保育園を作ってくれーーー!!